新着情報
Home » Tag Archives: 真空引き

Tag Archives: 真空引き

自信がない方は、エアコン取り外しは専門業者にお願いしたほうが安全です

エアコン取り外しは個人でもやってやれないことはありません。しかし誰にでもできるというわけではありません。

エアコン取り外しにはまずは道具が必要になります。ドライバーやスパナ、六角レンチ等、日曜大工をよくやる方なら「あぁそれね」と思われるかもしれません。

日常的な道具ばかりですが、六角レンチは特別かもしれません。でもすべてホームセンターで手に入ります。

一人でやる作業にしては取り外す時など大変なので、二人いたほうが安全です。

エアコン取り外しには、電気機器の知識がまず必要となり、天井近くの壁に取り付けてある為エアコンを持ち上げるだけの体力が必要になります。

室外機の取り外しと室内機の取り外しが必要ですが、エアコン内には冷媒に必要なガスが入っている為、それを外気に出さないように処理する必要があります。

さらに取り付けとなると、設置したあとにエアコン内の空気を出す作業が必要で、「真空引き」という作業をするための真空ポンプという装置が必要になります。

さすがにそれを全部揃えるとなると、業者に頼んだほうが安くなる可能性が高くなってきます。一人で取り外し・取り付けを考えられている方で、これを読みながら無理そうだなと感じた方は、無理してやらないほうが良いでしょう。

一人では作業は無理そうだと判断した場合は、エアコン取り外し業者に依頼したほうが良いと思います。

当社も、エアコン取り外しやエアコン取り付けなどをパック料金で行っているので、御用の際は、ぜひ棟梁ドットコムをご利用いただければ嬉しいです。

専門業者におまかせ

みなさん知っていますか?エアコンの真空引きが必要な理由や、業者への依頼が薦められる理由について

多くの家電製品は設置を行った後に電源を入れ運転をさせるだけで、基本的にそれぞれの用途に応じた役割を果たす事が出来ます。

しかし、そうした中で例外に当たると言えるのがエアコンです。それには以下の様な理由があります。

現在のエアコンには、冷媒となる回路にR410Aと呼ばれるガスが封入されています。

一方でエアコンを取り付けた際、配管内には通常の空気が残される事になります。

そのまま電源を入れて運転すると冷媒によって配管内の空気が冷やされて凍り付き、回路を塞いで運転効率を落としてしまいます。

更には冷媒のガスと空気が混合されてしまう為に不具合を起こし易くなり、酷い場合には配管の破裂といった大きな事故を起こす危険性すらあります。

こうした事を未然に防止する対策としては、設置後のエアコンの配管に真空ポンプを取り付けて作動させ、

予め配管内の空気・水分を外部に排出する作業が必要となります。この作業の事を、真空引き又はエアパージと呼んでいます。

エアコンの真空引きについては、真空ポンプ等の用具が用意出来れば一般に許可なく行う事も可能であり、

中古エアコンの購入者が実際に取付から真空引きまでを自ら行って稼働させる場合もあります。

ですが手順を間違えるとポンプ・エアコンの故障要因になりますし、ネジの調整等で工具の取扱に慣れない者には少々困難な作業も含まれています。

従って、基本的には専門の業者に依頼したほうが無難だと言えます。

中古でエアコン本体だけを安く購入し、取付・真空引きの作業のみを業者に依頼することで全体の費用を低減させるのも一つの方法です。

でも新品がやはり良い方や、購入、設置工事等何か質問などありましたら、

何でもご相談させていただきますので、ご連絡いただければと思います。

真空引きは必要

DIYでエアコンを取り付ける時の、最大の壁は「真空引き」

引っ越しをするときに、悩みの種になるのがエアコンです。

新しい家にそのエアコンを持っていきたいけれど、エアコンを取り外して再び取り付けるのに結構な費用がかかるのです。

それに古いエアコンを使っていた場合、新しいエアコンの方が、節電対応になっているので消費電力が少なくてすみます。

消費電力のことを考えると費用をかけてまでそのエアコンを移設する必要があるのかという疑問も出てきます。

チャレンジ精神があるお父さんの場合、自分で取り外して取り付けてみようと考える方もいるでしょう。

一度もしたことがない場合、インターネットで調べることになります。要領のいい人であればその説明を読んで、見よう見まねで取り外しに成功するかもしれません。

取り外すのはドライバーや六角レンチを使えば何とかなります。

エアコン内部のガスを漏らすことなくとじ込めることもできるでしょう。しかし、この後が問題です。

移設先に取り付けるときには、日曜大工セットだけでは足りません。エアコンの真空引きが必要だからです。

新しい場所にエアコンを取り付け直した後に、エアコンの配管の中にある、空気を除去しなければなりません。文字通り、真空状態にするのです。

この真空引きをしないままエアコン内部のガスを解放すると、エアコンは故障します。絶対に真空引きをするポンプが必要です。

ここまでの説明で、自分では無理だと思う方が大半でしょう。それでも、自分で行なうという意気込みがあれば、気合でどうにかなるのかもしれませんが、故障覚悟の自己責任になってしまいます。

失敗なくエアコンを取り付けたい場合は、必ず業者に頼みましょう。

ぜひ、「エアコン取り付けの棟梁.com」にお任せ下さい。

パックでの工事料金になっていて、真空引きの作業はパック料金内に含まれており、大変お得です。

また、新品のエアコンも販売しておりますので、ぜひごらんになっていただければと思います。

国内主要メーカーは全て取り扱っていますので、お客様のご希望の商品が見当たらない場合や、商品選びのご相談などがありましたらお気軽にお問合せください。

真空引きも込みのエアコン取り付け工事

エアコンの真空引きをきちんとする業者を探す方法

エアコン工事を依頼したことがある方は、見たことがあるという方もいらっしゃるでしょうが、

エアコンの取り付け工事などを行う時には、エアコンの真空引きという作業が必要なのをご存知でしょうか?

エアコンの真空引きというのは、機械などを使用し、エアコンの中を乾燥させる作業です。

専門的な事を知らなければわからないところでもあるのですが、エアコン業者がこの作業を行っていなかった場合、

エアコンは壊れやすい設置をされてしまいますし、通常エアコン工事では必須作業になっている事項なので、

エアコンの真空引きという作業は、あたりまえのサービスです。

でも、これを行っていない状態で、エアコンの設置を完了させる業者もおり、依頼をする場合に、これには注意をしておいた方が良いです。

調べるとたくさん業者が出てきて、1件ずつみるのも大変(´Д⊂

それに、業者に直接問い合わせをしたところで、そのような事実があったとしても、デメリットとなるため、言わない場合や、

ごまかす場合が大半なので、どこがいいか調べるには、口コミを利用すると良いです。

例えば業者への口コミを書き込めるようなサイトがあったとして、

エアコンの真空引きをしてもらえなかったなんて書き込みがあった場合は要注意ですから、

そこの業者はできるだけ避け、別の業者に依頼をするといった方向で検討をする事も必要なので、

より信頼できる業者を選ぶために活用すると吉です。

棟梁は、エアコン工事の中にセットとして真空引きは入っているので安心です。

もし必要な際は、まずはご連絡して頂ければ、お客様にあったプランをご提案させていただきます。

棟梁のエアコン工事