新着情報
Home » Tag Archives: 掃除

Tag Archives: 掃除

値段もお手頃、RAS-2213D(W)のエアコンについて

RAS-2213D(W)は東芝のエアコンですが、半間に収まるコンパクト設計になっており、リビングというよりは子供部屋や、

和室などにおススメのエアコンとしても紹介されています。

お値段も安めなので、マンションに住んでいる方には特におススメといえます。

内部の自動クリーン機能もついている優れものなので、細かな手入れはよく使う時期にエアコンの掃除をする程度で十分だと思います。

また、自動クリーン機能だけでなく、セルフクリーンと呼ばれる、ほこり自体を内部につけにくくする機能だったり、

アクア洗浄熱交換器という、除湿や冷房時に発生した水や油で汚れを洗い流す機能などもついています。

ただ逆にとらえれば、ほこりが多くとんでいる環境には適していないといえるかもしれません。

ほこりが内部に付着しづらい乾燥運転をしているので、多くのほこりを吸い込んでしまっても

中のフィルターで多くのほこりをキャッチすることができないということになります。

念のため機能について調べて見たところ、空気清浄機がなくても、

定期的に空気の入れ替えをしている部屋や極端にほこりが多くとんでいる部屋でなければ全然問題ないようです。

室外機も小型で、非常に清音のものなので安心です。安価で安心で便利な機能がついている人気も高いエアコンですので、

是非、RAS-2213D(W)のエアコンに注目してみてください。

エアコン選びは、性能が良くなってきているのでなかなか決められないですよね。

そんな方に、エアコン選びのお手伝いさせていただきます。無料相談、無料見積りを行っていますのでエアコンの棟梁にご連絡ください。

冷暖房

エアコンを起動する時、電気代が気になる・・・最終結論!エアコン交換しよう

エアコンは今ではどんな家にも1台以上設置してある家電ではないでしょうか。

1年を通して特に夏と冬は、生活に必須なものだからこそ良い製品を購入したいというのは誰もが思います。

最近では夏の暑い時期にはエアコンが無いと熱中症になって死亡するケースも出てきており、ライフラインとも呼べるものになってきてます。

エアコンの機能は冷房と暖房だけでなく、除湿もあります。除湿モードは湿度を下げる為にエアコンをかけるということですが、

実際は冷房をかけただけでも除湿効果があるんです。むしろ冷房の方が除湿効果は高いこともあります。

エアコンの除湿の方法は1つではなく、冷房除湿、再熱除湿なんていうものがあります。冷房除湿とは簡単に言えば除湿をして冷たい風が出てくるものです。

再熱除湿とは除湿をしたあと一旦エアコン内で室温まで温めてから外に送り出す方法になります。よって、再熱除湿の場合、冷房より電気代がかかります。

なので、再熱除湿のエアコンでしたら、冷房を温度設定を高めにして起動させたほうが電気代は安く済むことになります。

それよりも皆さんが見落としがちなのがエアコンの劣化です。最近のエアコンは省エネ機能を備えているものが多く、

通常動かすだけであっても電気代を節約することができますが、エアコンの機能の話よりも先にエアコンの清掃をしてみてください。

それだけでいつもよりも冷たく、暖かい空気が出てくるので気温設定を上げすぎたり下げ過ぎる必要がなくなります。

フィルターを1週間に一回5分程度清掃するだけで電気代もエアコンの性能もアップします。

もちろん外に設置しているモーターの異常も電気代の消耗に影響してくるので、いつもと違う音がする等少しでもおかしいと思えば一度電気屋さんに見てもらうことをおすすめします。

それよりもまだ電気代を下げたい場合はエアコン交換をオススメします。初期費用はかかりますが、省エネに特価しているものに変えればより節約できます。

冷房・除湿・暖房

一軒家に引越しをする時、エアコンの買い替えをした方が経済的で、健康にも良いのでオススメです

11月に入り、一気に気温が下がってきましたが、夜のイルミネーションは全国でイベントとして開催され始めました。

先日、日光に紅葉を見に行ってきましたが、まだまだ紅葉狩りもイケてます!

昼は紅葉で色とりどりの景色を、夜はライトアップで光り輝く綺麗な光をみなさんも見に行ってみてはいかがですか?

今日は、冬には必需品のエアコンの話をさせていただきます。

一軒家に引越しの時だけではなくエアコンが古くなってきた場合、エアコンの買い替えは、積極的におこなったほうが長く見れば経済的です。

なぜならばエアコンは、使用することで消耗していくのはもちろん、あまり使用しなくても状態が悪化していくからです。

たとえばエアコンを冷房モードで運転させておくと、室温を下げることによりエアコン内部に湿気や水滴がたまります。

運転を停止すると、その水気が原因でカビが繁殖します。

繁殖したカビは、再度エアコンを使用した時に送風と共に室内に散らばり、不快な臭いを発したり健康面に害をなしたりします。

かといってエアコンを運転させ続けるわけにもいかず、エアコンを全く使用せずに生活することも困難です。

エアコンを良い状態で維持するためには、定期的にフィルターなどの清掃をおこない、

かつ年に1~2回は業者に依頼して内部のクリーニングをしてもらうことが必要になってきます。

しかしそれは大変に手間のかかることであり、費用も1回のクリーニングにつき万単位でかかってしまう場合が多いです。

それでしたら、そのお金を貯めて数年ごとにエアコン買い替えをおこなった方が、かえって経済的であり、カビなどを気にせず快適に使用することができます。

またエアコンの性能は年々良くなっており、特に新機種は省エネの面で非常に優れています。

古いエアコンを大事に使うのも良いですが、買い替えることで使い勝手が良くなり、電気代も節約できるようになるのです。

しかし、エアコン1台買うのも結構な出費ですので、今買い時なのか等わからない場合はエアコンの棟梁に是非一度ご相談ください。

無料で相談を受け付けておりますので、土日、平日問わずコールセンターにお電話いただければご相談に出来るだけお答えしております。

エアコン相談から設置まで、棟梁にお任せ下さい。