新着情報
Home » Tag Archives: 加湿

Tag Archives: 加湿

お部屋を加湿して快適な空間にするダイキンエアコン

夏でも冬でも重宝するのがエアコンです。そんなエアコンは、各メーカーからどんどん新しい機能が付いたものが販売されています。

今日は、テレビコマーシャルやインターネットサイトなどでもおなじみのダイキンエアコンをご紹介します。

ダイキンエアコンは「うるるとさらら」という名前からも想像できるかもしれませんが、ダイキンオリジナルの加湿機能がついています。

冬は特に部屋が乾燥しますよね。エアコンをつけるときに一緒に加湿器を設置したりして部屋の乾燥を防いだりします。

しかしこのエアコンは、外気中の水分を取り込み、無給水でお部屋の湿度を保つ機能がついているので加湿器いらずです。

それにフィルター自動お掃除機能がついているので、たまったホコリを10年に1度捨てるだけでいいという手間いらず。

一応環境にもよるので、油汚れやホコリが多い部屋などではお掃除をもう少ししたほうがいいようですが、

このフィルターのおかげで電気代も節約できます。

やはり電気代の節約はエアコンにとってかなり重要なところですよね。サマーシーズンには大きな電気代の負担がかかってきますので、

しっかりと省エネ対策が施されているエアコンは重宝します。

ダイキンエアコンは大手の家電製品メーカーの中でもブランドネームはもちろん、機能性も重視されているのでオススメです。

エアコンの棟梁では、設置工事の他にエアコンの販売もしております。

ダイキンのエアコンはもちろんその他の有名メーカーの商品も取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。

加湿するダイキンエアコン

お部屋の乾燥が気になる時期ですよね。ダイキンエアコンの効率の良い使用方法

真夏や真冬に欠かせない電化製品と言えば、エアコンです。リモコン一つで、部屋を快適な温度にしてくれるので、非常に便利です。

エアコンは、多くの会社から毎年発売されていますが、今日はダイキンエアコンのご紹介です。

ダイキンのエアコンはお部屋の加湿をしながら温めることができるんです。

冬に必ず起こる乾燥ですが、エアコンをつけると余計に乾燥するイメージがありますよね。

しかしこのエアコンは加湿する水分を外気からきれいな水分子のまま取り込み、不足するお部屋の湿度を補うことができ、給水することもいりません。

さらに暖かい空気は上に溜まってしまいますよね。それを感知して気流を作り暖気の偏りを抑えます。なので快適なお部屋にできるのです。

しかも、省エネ効果も高く、電気代もそこまで高くならないのも嬉しいポイントです。

そんなエアコンをもっと効率よく使用するために、エアコンの正しい使用方法をいくつか挙げてみます。

まず、夏によく耳にすると思いますが、効率よく使用するためには、扇風機と併用して使うことが良いです。

風があると私たちは涼しく感じます。つまり、設定温度が高くても涼しくいられるのです。

しかも、冷たい空気が散らばるので、部屋全体の温度が早く低くなるのです。

ですから、扇風機とセットで使用するのは、効率よくする以外にも、エコにもつながるのです。

さらに、風量を自動にしておくのもポイントの一つです。自動にしておくと、エアコンがその時の部屋の状況に応じて、風量を変化させてくれます。

ですから、無駄な電力を使用しないで済みます。

エアコンをつけたり、消したりせずに、自動運転にして一定の温度を保つようにする方が省エネにつながります。

エアコンを上手に使おう

毎日暖かい部屋で過ごしたい、暖房器具の中でも最も重宝するエアコン

冬になると今ではエアコンなどの暖房器具が必須になってきています。

しかし昔の様に囲炉裏なども風情があっていいですよね。なかなか置かれている家を見つけることも難しくはなってきましたが。

暖房器具はこたつや絨毯暖房やエアコン、湯たんぽなど様々ですがその中でも最も重宝するのがエアコンではないでしょうか。

まずこたつですが、下半身を入れることにより足先から体全体を温めてくれます。

私の家では起きているときは必ずこたつに入っていられるように座椅子の前にこたつを設置しています。

これによって部屋にいるときは常に足から全体が温まるのでとても心地よく過ごせます。

続いて絨毯暖房ですが、これにもメリットがあります。敷くことによって地面から部屋を温めてくれるので、

下から熱気が来てこれもまたとても心地よい温度になります。また、ダニ退治モードなどもあるので気持ちよく使用することができますよね。

最後に、エアコンをつければ部屋の空気そのものを暖かくしてくれるので足や指先だけが冷たかったりなんてことはないです。

私の家は部屋の構造上、夏は暑く冬は寒い部屋なんですが、暖房を上向きにつければ部屋全体がとても暖かくなります。

ただデメリットとしては、エアコンをつけることによって部屋が乾燥するので、

寝る時にエアコンをつけて寝ると朝起きたら喉が痛いなんてこともあります。

寝るときは必ず加湿器も一緒につけて寝ると湿度もいい具合に保ってくれて部屋も暖かく、とてもいい具合になります。

最近は加湿もしてくれるエアコンも登場してきているので、加湿器もいらなくなるかもしれませんね。

最近どんどん寒くなってきていますので、おうちの中だけでもせめて快適な空間にしたいですね。

過ごしやすい部屋