新着情報
Home » Tag Archives: プラブロック

Tag Archives: プラブロック

皆さんの自宅のエアコンの室外機ってよーく見たことありますか?エアコンのプラブロックについて

エアコンのプラブロックと聞いて、どのような物か分かる人は少ないです。

しかしエアコンのプラブロックは大切な物で、プラブロックとはどのような物なのか、そのメリットについて説明します。

まず簡単にエアコンのプラブロックの説明をすると、エアコンの室外機を置く土台として使うブロックの事です。

昔はコンクリートのブロックを使っていましたが、今は軽くて持ち運びに便利な、プラスチックのブロックを使う業者が多くなっています。

しかし業務用のエアコンの室外機などは、エアコンが大きく不安定なのでコンクリートのブロックを使う所が多く、

プラブロックは主に家庭用のエアコンの土台として使われます。プラスチックのイメージとして劣化が早いのが心配な方も、

最近のプラブロックは性質も良くなっているので、心配はいりません。

プラブロックにも種類があり、1つは植物のプランターを逆さにしたような形状の物で、

価格は安いのですが振動に弱く振動が多い場所に置く場合は、防振ゴムなどの対策が必要です。

またこのタイプは、直射日光を受け、高温になるような場所の設置はお勧め出来ないので、置く場所についてもよく検討する事が大切です。

そしてもう1つは、レールの溝が付いている物で、ボルトでしっかりと固定する事ができ、熱気もこもらず振動も吸収するような構造になっている物です。

どちらのプラブロックを設置するかは、設置する場所やその場所の環境などに応じて適した方を選ぶ事が大切です。

ご自分で設置される方は、上記のことを考慮して自宅に合うプラブロックを購入されるといいと思います。

でも、エアコン設置を業者に頼む事の方が多いと思います。その場合、プラブロックは、設置する業者が決めることが多いので、

もし立ち会われるならどちらのタイプを使っているのか見てみたり、聞いてみるのもいいのではないでしょうか。

<a href=”http://aircon.touryo.com/flow/”>エアコン設置に必要なもの</a>

エアコンのプラブロックってなに?

四国の高知県にアンパンマンミュージアムがあるのをご存知ですか?

子供が大好きで、アンパンマンミュージアムは横浜にもあるのにわざわざ旅がてら行きました。

鳴門海峡に架かる大鳴門橋を渡り、徳島県から、アンパンマン列車でミュージアムまで。

もうこれでもかというぐらいアンパンマンづくし!!

子供は喜んでいたの、いい思い出になりました。

話は本題へ戻ります。プラブロックって?

室外機を置く土台のブロックです。ブロックにはコンクリート製のものとプラスチック製のものがあります。

業務用エアコンの室外機は、大きくて不安定なので、コンクリートブロックがお勧めです。

家庭用の主流は、プラスチックブロックです。 プラスチックブロックの形は大きく2つに分かれます。 

1つは、植物のプランターをひっくり返したような形のブロックです。 安価な分、振動などが生じる悪環境下には適しません。

高温になる直射日光を受ける場所もお勧めできません。 振動が多いところは防振ゴム等をご利用ください。 

もう1つは、 レール溝付きでボルトでしっかり止められ、開放構造なので熱気が籠らず、耐候性・耐荷重性です。

室外機の設置する場所、環境に応じて、適した材料を選びます。 時には、コンクリートブロックをご家庭用に使うこともあります。 

プラスチックと聞いてすぐに劣化するのでは?なんて心配される方もいらっしゃるでしょうが、

最近のプラブロックは、性質も良く、心配ないと思います。

棟梁でも、エアコン設置の際にパックとして、プラブロックの設置はついてきます。

より、いいものをお客さまに提供できるように無料見積りも行っていますので、必要であればご連絡いただければと思います。

エアコン取り付けの棟梁