新着情報
Home » Author Archives: aircon-touryo

Author Archives: aircon-touryo

エアコンの引っ越しは、移動距離も関係してくる?

エアコンの引っ越しと一口に言っても、家庭内で別の部屋へエアコンを移設する場合もあれば、

家ごとの引っ越しに伴ってエアコンも引っ越しをするという場合もあるはずです。

どちらの場合にも、エアコンの移設工事費が必要になってくるわけですが、家ごと引っ越す場合には、

それプラス新居までの距離に応じた運搬費がかかる場合もあります。

最近では、引越し業者がサービスでエアコンの取り外しから設置までをするサービスなどもあるようですが、下請けの業者が行うことになるので、

良い業者に当たればいいのですが、後で別途費用がかかると請求してきたり、手抜き工事をされたりと言う話も聞きます。

なので、そういったことが心配ならば、旧居でのエアコンの取り外し工事から運搬、新居での設置工事までを

トータルで引き受けてくれる専門業者もあるので、そのような業者を利用するというのも一つの方法です。 

エアコンの運搬を引っ越し業者とは別の業者に依頼するのは一見お金の無駄のように見えてしまうかもしれませんが、

実際に調べてみると、その距離にもよりますが、案外運搬費用は安いですし、

取り外したエアコンが他の引っ越し荷物と別に取り扱われることになりますので、

現地での取り付け工事がスムーズに開始できるというメリットがあります。エアコンの引っ越しを引っ越し業者にお願いすると、

現地で取り付け業者がスタンバイしていても、荷物の中からエアコンが出てくるまで待っていなくてはなりません。

でも、別途専門業者に運搬も依頼するようにすれば、現地に到着後すぐに工事が開始できるので、無駄な時間が不要となります。

その辺りも考慮して、エアコン引越しをされると案外お得な引越しができるかもしれません。

エアコンの棟梁でも、エアコン引越しパックがあります。これは移動距離が30kmまでならパックサービスになっているので、

もし引越しすることやエアコン移設をしたいということがあれば、一度ご相談いただければと思います。

エアコンの引越し費用

エアコンに喋れば動いてくれる、東芝のエアコン「大清快VOiCE(ボイス)」

声で簡単に操作が行える高機能エアコンとして注目されているのが、東芝が発売する「大清快ボイス」です。

この東芝エアコンの最大の特徴が、ボイスコントローラにあり、26種類もの音声を認識し、声で運転を操作することができます。

例えば、「暑い」と話すことにより、設定温度を1度刻みで下げたり、「おやすみ」と話すことにより、

1時間切タイマーに設定してくれるなど、便利に使える機能を搭載しています。

さらに、電気のムダを省くエコモードを使用することにより、快適に節電を行えるのも魅力で、

ナビリモコンで運転時間や電気代などの情報が見え、ピークカット機能を使うと電力を抑えた運転を行ってくれます。

その他、この東芝エアコンの特徴としては、プラズマ空清で空気の汚れを集めて、

集めた汚れは冷房・除湿の際にドレン水で屋外に自動排出してくれます。

なので、空気中に漂うウイルスやカビ菌を抑制することはもちろん、花粉も捕獲してくれる魅力があります。

その他にもこのエアコンには、内部をキレイに保つための機能を沢山搭載していて、

例えば、フィルター自動お掃除により、エアフィルターのお掃除の手間が掛からず、フィルター交換も不要ですし、

さらにアクア洗浄熱交換器は、除湿・冷房の際に発生する水の力で油や汚れをキレイに流しますし、

セルフクリーンは運転停止後に内部を自動乾燥して、ホコリなどの付着を抑制する働きを行ってくれ、

常にクリーンな状態をキープしてくれる魅力的なエアコンです。

その他にも、高性能なエアコンはたくさんありますが、エアコン選びに悩まれている方は是非一度エアコンの棟梁にご相談ください。

お部屋にあったエアコンをご紹介させていただきます。

エアコン機能

高性能なエアコンを購入したら、エアコンの取り付けも配管も、経験豊富なプロにまかせよう

近年暑い日が続き、日本国内においてはエアコンの取り付けに関心を持っている人が増加しています。

特に新製品のセンサー機能や省エネ機能など、高性能な製品を選ぶことが勧められています。

インターネット上ではエアコンの選び方についての情報のやり取りが活発に行われており、

現代人の関心の高さをうかがい知ることができます。

インターネット上の口コミサイトにはエアコンを購入した人のリアルな体験談が多数掲載されているので、

はじめて買い替えを検討している人にとっても有意義な情報を仕入れることができます。

ここ数年の間では省エネ設計が施されているエアコンが多数出回っており、電気代を節約したい人にとっては好ましい環境となっています。

また、エアコンを取り付ける場合には配管工事を専門的に担当してくれる業者の存在は欠かせないものとなっています。

全国的にはこのような業者が増加しているものの、素人にとってはエアコンの配管工事に優れている業者を見極めることはほぼ不可能とされています。

そこで、ホームセンターや家電量販店などでエアコンを購入した際に、スタッフに業者を手配してもらうという方法があります。

この方法をとることによって、手間をかけず業者に任せることができます。

しかし、自分で選ぶことができないので、希に技術もあまりなく、高額な工事料金を要求してくる業者もあると聞きます。

それが心配なら、エアコンの設置業者を別で自分で探し、金額や工事内容を事前に見積もりを出してもらい、確認をしてから依頼することもできます。

せっかくいいエアコンを購入しても設置をうまくしてくれないと、エアコンの故障や劣化が早くなってしまうこともあります。

そんなことにならないためにも、事前にエアコンについて少しでも知識をもち、設置業者と接することができればスムーズに行くのではないでしょうか。

エアコン設置は安心できるプロにおまかせ

今年の夏も暑くなりそうですね、エアコン室外機の節電について

最近の夏はとても暑い日が続いています。なのでエアコンが手放せないですよね。昔は扇風機だけでも何とかなったものですが、

今とは平均気温が違っていました。なので、積極的にエアコンを使うようにと言われるようになったのです。

最近のエアコンは性能が良く、省エネエアコンが主流になっているので、電気代は思った以上にかかりません。

でも電気の使用量がかなり多くなってしまった時に、少しでも節電したいと考えて、エアコンの室外機に日除けを付ける方もいらっしゃいます。

これについては賛否両論で、室外機に直射日光が当たってしまい、エアコンの効率が下がってしまうから日除け対策をするという考えと、

室外機の廻りの空気循環を悪くさせると効率が悪くなるから何もつけない方がいいという考え方もあります。

でも、陰を作ることで冷却効率が良くなり、コンプレッサや冷媒管への負荷が減ることになるので、

エアコンから少し離れた所のフェンスか何かにすだれを立てかけて、直射日光が直接室外機に当たらないようするぐらいの対策は良いと思います。

この場合も、すだれが風で飛ばさえないように固定させる作業は怠らないようにしましょう。

よく室外機を覆う形のものがありますが、空気の吹き出し口を塞いでしまうのはかえって良くないので、これはしないようにしましょう。 

震災以降、電気代は値上がりする一方なので、節約できる部分があれば少しでも節約したいですよね。

節約するための工夫に多額の費用がかかってしまうと、かえって損をしてしまいますが、日除けを設置する程度であれば、

そんなにお金もかからないので、手軽にすることができると思います。

それ以外でもエアコンについて、何かご質問等ありましたら、エアコンの棟梁にご相談ください。専門スタッフが対応させていただきます。

室外機も働いている

お部屋を改装したい、その時エアコン移設をしなければならなくなったら

エアコンを置く場所はとても大切です。その部屋の空気の流れを決定してしまうので設置するときは気を使うものです。

家を建てたときにはもちろん、きちんと考えて設置をしたのですが、部屋を改装する時にエアコンの移設が必要になる場合があります。

では、エアコンを取り外さなければならないのですが、安く済ますために、もしくは興味があって、自分でしようと思われる方もいらっしゃると思います。

エアコン設置や取り外しなどに特に資格がいるわけではありません。なので自分でしようと思ったらできるのですが、

エアコンの仕組みやエアコン設置や取り外しに必要な道具をお持ちですか?

エアコンの中にガスが入っていて、それを出さないように取り外して、設置したあと真空引きをしなければならないことをご存知ですか?

その知識と、技術があれば何の問題なくエアコンは設置することができます。

エアコンは複雑な配線こそないもののとても重いものですし、一歩間違えてしまえば事故につながりかねません。

そこで無理だと思ったら、自分に行うのではなく業者に頼みましょう。

エアコン移設を業者に頼むことによって、自分でやるより時間はかからないし、手間もいらないので、安心です。

余計な手間はかけずに、部屋の改装を無事に終わらせ、新しくできた部屋で快適ライフを送ってください。

エアコンの棟梁では、エアコン設置の状況によりパック料金になっています。例えば、古いものを新しいモノに取り替えるパックや、

エアコンの引越しパックなど、お客様にわかりやすい設定となっていますので、何かありましたらご利用いただければと思います。

エアコンの移動

エアコンの室内機の配管に化粧カバーを付けてもらったら見た目がとてもよくなりました

分譲マンションなどは、各居室のエアコンの穴の場所が最初から決まっています。

そもそも鉄筋コンクリートの壁ですから、後から好きな場所に穴を開けることなど不可能に近いです。

木造の一戸建て住宅であれば、エアコンの室内配管がなるべく目立たないように壁に穴を開けることができますが、

マンションだとそういうわけにはいきませんので、穴の位置が不適切でみっともない状態になってしまう可能性があります。

例えば、リビングの構造上、エアコンの設置位置とは少し離れた位置に穴があって、

室内配管がかなり目立ってしまうなんてこともあったりします。

そうすると、本来の配管の処理は化粧テープを巻いて終了なんですが、見た目が悪くて部屋全体のイメージが悪くなってしまいます。

そんな時は、配管の化粧カバーをオススメします。

これは、ぐるぐる巻きにした配管をケースのようなもので隠してしまうというもので、

あまり劣化することもないので見た目が綺麗に仕上がります。

ですが、エアコン設置業者の中には、化粧カバーを取り扱っていないところもあったりするので、事前に見積をとり、

どの程度の仕上げ工事をやってくれるのかを確認してから、取り付け業者を決めると失敗しません。

エアコンの棟梁では、化粧カバーをセットにした「エアコン美的新設パック」などもありますので、是非ご利用の際はご検討下さい。

見た目が綺麗な化粧カバー

エアコンの取り外しとリサイクル業者

最近増税前ということで、日本国内ではエアコンの買い替えを積極的に検討している人が増加しています。

大手の家電メーカーからは年々最新作が登場しているために、最新の高性能なエアコンを欲しいと思う方は多いです。

新しいエアコンを購入すると、問題になってくるのが使わなくなったエアコンの処分方法についてです。

処分をする際には、多少処分費用がかかります。

その方法として、新しいエアコンを購入する場合は、その購入した場所で設置工事を依頼することができるので、

エアコン取り付けの際に、古いエアコンを撤去して処分してもらうこともできます。

ではただエアコンを撤去したい場合、リサイクルを行っている不用品回収業者に引き取ってもらうという方法もあります。

ネットで探すと、こういった業者はすぐに見つかります。

ここ数年の間でこういった業者が増えて来て、エアコン撤去と処分を含めて低価格で行っているので利用者が増えているようです。

しかし、エアコンの取り外しの作業についても一定のコストがかかるために、業者選びはくれぐれも慎重に行うことが重要です。

それに中には、対応が雑だったりするところもあるようです。

インターネット上にはエアコンの取り外しを受け付けている業者のウェブサイトがあるので、

料金体系の比較やサービス内容や電話対応などを調べ、良い業者にお願いできればベストです。

エアコンの棟梁では、エアコン取り付け工事、取り外しなどを行っていますが、エアコン撤去パックというものもあります。

こちらは、取り外しだけのパックなので、リサイクル料金や運搬費用が別途かかりますが随時受け付けております。

その他にもエアコンのことに関してなにかご相談等ありましたら、お気軽にお電話いただければと思います。

エアコンの撤去作業