新着情報
Home » エアコンの棟梁 » 来年の夏に備えよう!冷房器具としてエアコンを使うときのコツ
来年の夏に備えよう!冷房器具としてエアコンを使うときのコツ

来年の夏に備えよう!冷房器具としてエアコンを使うときのコツ

暑い夏にはエアコンは欠かすことのできない冷房器具です。しかしエアコンは「電気代を食う」ということで敵視されることがあります。

しかし、実際には使い方次第で電気代を節約することができます。まずエアコンは、起動時に電気代を大幅に使います。

従って、エアコンは小まめに切るよりも設定温度の調節を行うほうが節電効果が高くなります。

最初は設定温度を低くして、部屋の温度を下げます。そうしたら設定温度を上げましょう。

部屋の温度が一旦下がると人も涼しく感じますので、その後は少し設定温度を高めにしても涼しく感じたままでいられます。

また、部屋を出てもすぐに戻ってくるような時にはエアコンは切らないで、設定温度をさらに上げてそのままにしておきましょう。

エアコンは起動時に電気代を使うのでなるべく起動の回数を減らすのがポイントです。

もちろん、エアコンを使うための環境を整えることも大事です。

まずは室外機の近くには物を置かないで風通しをよくしましょう。また、日陰を作るというのもポイントです。

さらに、部屋の温度が上がらないようにするのもポイントが高いです。

カーテンを利用して外の暑い空気を遮断したり、窓ガラスに熱遮断シートを張るとよいでしょう。

さらに、エアコンを使うときには他の冷房器具を併用しましょう。扇風機を一緒に使うと室内に空気の流れができて涼しく感じます。

扇風機の前に氷などを置いて涼しい風が出るようにするのもよいでしょう。このように上手に使えば、電気代も節約できます。

上手に使って快適に

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>