新着情報
Home » エアコンの棟梁 » サーキュレーターの棟梁!
サーキュレーターの棟梁!

サーキュレーターの棟梁!

こんにちは!わたしは棟梁.comでエアコン工事担当の美藤と申します。よく「びとう」と呼ばれるのですが「みとう」と読みます。そして、名前と見た目のギャップが・・・ともよく言われます。まぁ、それはさておき、最近めっきり寒くなって来ましたね。夏場に大活躍してくれた我らがエアコンくん達、本当にお疲れ様でした!あとは来夏までゆっくり休んで・・・というわけにはいきません!そうです!これからの季節は『暖房』として、更に大活躍をしてもらいます!
というわけで、今回はエアコンを暖房運転で上手に使うためのお話をさせていただきます。

皆様はエアコン暖房のとき、その暖まり方に『ムラ』を感じることってありませんか?足元が寒かったり、窓際が寒かったりと。暖房器具には暖める『方式』がいくつかあるんですが、エアコンやファンヒーターなどは『対流式暖房』と呼ばれ、暖房器具が暖かい空気を出し、それが対流することによって空間を暖めているので、空気が対流しないと暖まり方に『ムラ』が出てしまうんです。

最近のエアコンは○○アイや、○○ナビ、果ては○○カメラなどといった沢山のセンサーが搭載され、暖まり方にムラが出ないように設計されていますが、そういったエアコンをお持ちじゃない方にオススメするのが「サーキュレーター」くんです。

※販売するか検討中

「え?サーキュレーターって扇風機でしょ?冬場に扇風機って余計寒いわっ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが違うんです。たしかに「扇風機」の一種ではあるのですが、通常の扇風機とは違いサーキュレーターは直進的な風を出すことができるため、空気を対流させるのにとても適しているのです。

空気の対流が起きなくなった空間の熱は、当然、天井付近に溜まりやすくなります。そこで、このサーキュレーターを天井へ向け、滞留した熱をかき混ぜ対流させるのです。滞留を対流。。。どうですかコレ?
あるメーカーの実験では、サーキュレーター使用時には足元の温度が2℃も上がったという結果が出ているほど「効果がある」んです。
また、暖房時だけではなく冷房時でも優れた効果を発揮するサーキュレーターくん。
もちろん、効率よく暖められるということは電気代を抑えることにもなりますし、商品価格も〇〇円~とありますのでとても経済的です。
是非、一度お試しください!!!

購入は棟梁ドットコムで!↓↓

ブログ限定特価〇〇円!!※検討中

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>