新着情報
Home » エアコンの棟梁 » エアコンの設置をするときは、エアコンの真空引きをしないと故障してしまうかもしれません
エアコンの設置をするときは、エアコンの真空引きをしないと故障してしまうかもしれません

エアコンの設置をするときは、エアコンの真空引きをしないと故障してしまうかもしれません

エアコンを買い換えて設置工事をしてもらう際に「エアコンの真空引き」をしているか、していないかで業者の質がわかると思います。

「エアコンの真空引き」と聞いても何のことやらサッパリわからないという人が多いと思いますが、

これは設置工事の最後に真空ポンプを使って冷媒の配管の中の空気を抜く作業のことです。

配管の中に入っている空気を全部抜き取って真空乾燥させないと、エアコンの運転効率がとても悪くなりますし、

悪くすれば、かなり早い段階で壊れてしまって、また買い換えなくてはならなくなってしまいます。

エアコンの値段は安いものではないので、できるだけ長く使い続けたいのに、

設置工事の際に手抜きされることによって寿命が縮められてしまうなんて、とんでもない話ですよね。

たとえ壊れなかったとしても、エアコンの運転効率が悪くなってしまう確率が高いわけですから、

希望の室温にするために余計な電気代がかかってしまうなんてこともあります。

最近のエアコンは使用電力量が少ないのが売りなのに、そんなことになってしまっては、新製品を買った意味がなくなってしまいます。 

なので、買い換える時には、見積もりを取る際にエアコンの真空引きはきちんとやってくれるのかを確認し、

工事の際も工事業者の人に真空引きについてどんなことをするのか聞いたりして、確認すれば完璧です。

しかし、そこまでできなくても事前の見積や業者を調べる際に、真空引きをきちんと記載しているところにお願いしたほうが安全ですので、

参考にしていただければと思います。

エアコン設置に必要な真空引き

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>