新着情報
Home » エアコンの棟梁 » みなさん知っていますか?エアコンの真空引きが必要な理由や、業者への依頼が薦められる理由について
みなさん知っていますか?エアコンの真空引きが必要な理由や、業者への依頼が薦められる理由について

みなさん知っていますか?エアコンの真空引きが必要な理由や、業者への依頼が薦められる理由について

多くの家電製品は設置を行った後に電源を入れ運転をさせるだけで、基本的にそれぞれの用途に応じた役割を果たす事が出来ます。

しかし、そうした中で例外に当たると言えるのがエアコンです。それには以下の様な理由があります。

現在のエアコンには、冷媒となる回路にR410Aと呼ばれるガスが封入されています。

一方でエアコンを取り付けた際、配管内には通常の空気が残される事になります。

そのまま電源を入れて運転すると冷媒によって配管内の空気が冷やされて凍り付き、回路を塞いで運転効率を落としてしまいます。

更には冷媒のガスと空気が混合されてしまう為に不具合を起こし易くなり、酷い場合には配管の破裂といった大きな事故を起こす危険性すらあります。

こうした事を未然に防止する対策としては、設置後のエアコンの配管に真空ポンプを取り付けて作動させ、

予め配管内の空気・水分を外部に排出する作業が必要となります。この作業の事を、真空引き又はエアパージと呼んでいます。

エアコンの真空引きについては、真空ポンプ等の用具が用意出来れば一般に許可なく行う事も可能であり、

中古エアコンの購入者が実際に取付から真空引きまでを自ら行って稼働させる場合もあります。

ですが手順を間違えるとポンプ・エアコンの故障要因になりますし、ネジの調整等で工具の取扱に慣れない者には少々困難な作業も含まれています。

従って、基本的には専門の業者に依頼したほうが無難だと言えます。

中古でエアコン本体だけを安く購入し、取付・真空引きの作業のみを業者に依頼することで全体の費用を低減させるのも一つの方法です。

でも新品がやはり良い方や、購入、設置工事等何か質問などありましたら、

何でもご相談させていただきますので、ご連絡いただければと思います。

真空引きは必要

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>