新着情報
Home » エアコンの棟梁 » さあ実際にやってみよう、エアコン工事は個人でもできますよ・・・でもその前に
さあ実際にやってみよう、エアコン工事は個人でもできますよ・・・でもその前に

さあ実際にやってみよう、エアコン工事は個人でもできますよ・・・でもその前に

エアコン工事って、すごくお金がかかりますよね。

新しくエアコンを買った場合は、取り付け工事費もエアコン本体の価格に含まれてることが多いけれど、

今使っているエアコンを取り外す工事費は、別途請求されてしまうことをご存知ですか。

取り外しの工事費は、だいたい5千円前後なので、トータルするとかなりの出費ですよね。

そこでエアコン工事を自分でやろうと思われる方もいらっしゃいます。工具があれば実は個人でもできなくはありません。

工具と言っても、ドライバーやスパナやレンチなどの一般的なもので十分ですが、手順は守らなければ取り返しのつかないことになります。

サイトで写真付きのエアコン取り外しが掲載されていたりするので、見ながら作業を行うことができます。

手順を簡単に説明すると、エアコン本体には冷媒するためのガスがたまっているので、それを上手に抜きながら取り外しする必要があります。これを怠ると、空気を汚染することになります。

そして室外機についている、ガスを送るバルブと受けるバルブのキャップをスパナで開け、その状態でエアコンをフルパワーで運転させます。

そしてガスを送るバルブのキャップを閉めると、エアコン内部のガスが室外機に送られて、そのガスはエアコン内部には戻らなくなります。

そのままエアコンを数分運転させれば、エアコン内部のガスはなくなるので、その後ガスを受けるバルブのキャップも閉めます。

これで、ガスは室外機の中に閉じ込められることができました。

あとはレンチで壁からエアコンを外して、ドライバーで土台から室外機を外すだけで、取り外し工事は終了です。

こんなふうに、エアコン工事はフロンガスを抜く手順さえ守れば個人でもできます。何より費用がかからないというメリットはあります。

しかし、今の説明ではたして何人自分でやろうと思う方がいらっしゃるでしょうか。

取り外しや取り付けなどご利用の際は、エアコンの棟梁にご連絡いただければ、熟練された専門技術者が設置工事をさせていただきます。

安心、安全の取付工事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>