ドライと冷房機能の違いについて

2012/06/22

こんにちわ。

エアコン取付の棟梁ドットコムの武田です。

 

今日は節電に関する事について少し触れたいと思います。

ドライ機能を使っていると、冷房機能を使っているときよりも節電になるとご認識の方も多いと思います。

あながち間違ってはいないのですが、状況によってはドライ機能を使うことによって、電気代が高くなることがあります。

 

確かに梅雨時のように、温度を下げると寒いが、湿度は下げたいと言うときにはドライ機能は有効であり、節電にもなります。

しかし気温が高くなってくると冷房のほうが電気代を抑えられるケースがあります。

冷房機能の場合には、設定温度になると運転を抑えますがドライ機能の場合にはずっと運転し続けます。

特に上級機種のドライ運転は冷えすぎるのを防ぐために暖房しながら除湿運転するので かなり電気代がかかります。

 

今年も暑い夏がやってきます。

節電しながら暑い夏を乗り切りましょう!

 

-----------------------------------

エアコンの取付、移設、引越に伴う工事は

エアコン取付の棟梁ドットコムにお任せ下さい。

今なら複数台設置工事の割引をおこなっております。

詳しくはコールセンターまでお問い合わせ下さい。

 

エアコン取付の棟梁ドットコム

担当:武田

2017年12月の受付状況

2017年12月
     1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      
2018年01月
 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

対応地域

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 福岡県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

対応地域一覧はこちら

ISO

複数割キャンペーン

Copyright(c) Mediotec.Co.,Ltd. All Rights Reserved.